まいまい句会

まいまい句会2月 まいまい句会3月


まいまい句会2月

投句締切10日(3句)・選句開始11日(3句)・選句締切13日・選句結果14日
参加者10名 全投句数30句


猫の恋トタンの屋根の在りし頃 
ねこのこいとたんやねのありしころ 
季語・猫の恋(春)
2点


早朝の魚版の音の余寒かな 
そうちょうのぎょばんのおとのよかんかな 
季語・余寒(春)
0点


早春を補助輪外し漕ぎ出でよ 
そうしゅんをほじょりんはずしこぎいでよ 
季語・早春(春)
1点


まいまい句会HPより
まいまい句会感想
投稿日:2015年2月16日

早朝の魚版の音の余寒かな 

やちよさんの句です。
季語が少しつきすぎの感じです。
作り方によっては「魚版の音」の音もとることが可能ではないでしょうか。
「魚版を響かせて」とすれば違った展開が出来ると思います。



まいまい句会HPより

推敲ということ
投稿日:2015年2月19日

推敲は言葉を差し替えて、詩文をより分かりやすくする作業ですが、この際「差し替える」などという悠長なことは言わずに、推敲は「言葉」を惜しみなく捨てる作業と考えてみましょう。
とりあえず不要な言葉を捨てる。
捨てる言葉の見極めが難しいのですが、それができれば、推敲作業の80パーセントは終わっているはずです。
捨てれば当然俳句の字数が足りなくなるのですが、そんなものは字数が足りないままにほったらかしておけばそのうち何とかなるものです。
とにかく捨てる、そのコツを身につけることが大切です。 
それでは何をどう捨てるのか、今回の「まいまい句会」の句からいくつか言葉を捨てる作業を試してみましょう。
捨てる言葉を俳句の脇にかぎ括弧で示してみます。

早朝の魚版の音の余寒かな 「早朝」→魚版の音の余寒かな

かぎ括弧の言葉がなくてもたいして意味に違いはありません。
いい言葉があれば言葉を差し込み、見つからなければ「句を玉と暖めてをる炬燵かな 高浜虚子」くらいの気分でいいのです。
今年はどんどん言葉を捨ててみてください。(m)



まいまい句会3月

投句締切10日(3句)・選句開始11日(3句)・選句締切13日・選句結果14日
参加者11名 全投句数33句


つんつんと靴先で割る薄氷 
つんつんとくつさきでわるうすごおり 
季語・薄氷(春)
1点


たんぽぽをキスの口して吹きにけり 
たんぽぽをきすのくちしてふきにけり 
季語・タンポポ(春)
1点


自転車のかごにシャベルと種袋 
じてんしゃのかごにしゃべるとたねぶくろ 
季語・種袋(春)
2点

まいまい句会HPより
まいまい句会感想
投稿日:2015年3月20日 りつ

よく見かける光景です。
日常のちょっとしたところを上手く切り取って句にされたところが,よかったのでしょう。
あたたかい日射しも、これから何か始めるという弾んだ気持ちも伝わってきます。
俳句はこれくらいあっさりと。
何を植えるとか種をまくとか言う必要はありません。


[PR]
by yattiy19480905 | 2015-03-18 11:01 | インターネット句会 | Comments(0)

インターネット句会、雑誌等の投句の結果を載せています。俳号はヤチ代orヤッチー。たまには映画も。


by ヤチ代