e船団週刊今週の十句

e船団週刊今週の十句

 
2015年12月16日 須山つとむドクター : 今週の十句


【十句選】

海豹のぬるりと潜る御講凪
あざらしのぬるりともぐるおこうなぎ
季語・御講凪(冬)  



講評

アザラシと音読すると、春の季語となる。
だが、カイヒョウと音読し、聞き慣れない冬の季語(天文)『御講凪(オコウナギ)』に着目したい句。
中七『ぬるりと潜る』に当たったのだ。



半年ぶりのe船団掲載です。
嬉しい!

「アザラシ」が春の季語だとは不覚でした。
電子辞書の「角川俳句大歳時記」「ホトトギス俳句季題便覧」「合本俳句歳時記」には「アザラシ」は載っていませんでした。
広辞苑で「あざらし」を引いたときも季語とはでていませんでした。
漢字の「海豹」を確認。
生態は寒帯の海に住む。
出産は陸上または氷上。
などをイメージして今はまっている「御講凪」にあわせました。

十句選の講評をみて嬉しさを感じながら「失敗した!」が口に出てしまいました。

「講談社のカラー版新日本大歳時記愛蔵版」をだしてみるとしっかり春の季語で「三春」に「海豹」が載っていました。
再び「大失敗!!!」が口に出ました。

でも<「御講凪」に着目したい>との講評で胸をなでおろしています。

せっかく持っている「講談社のカラー版新日本大歳時記愛蔵版」が宝の持ち腐れにならないように気をつけましょう。







[PR]
Commented by りまど at 2015-12-16 20:33 x
おめでとうございます。

海豹のぬるりと潜る御講凪

あざらしは、知っていましたが
御講凪はしりませんでした。
勉強になりました( ..)φメモメモ

たか子は、11月に入選以来
没ばかりです。
Commented by yattiy19480905 at 2015-12-17 10:40
りまどさん
コメントありがとうございます。

海豹が春の季語の意味は春に北洋から南下して北海道の磯などでむれで遊ぶすがたが壮観らしいですね。
私はただ寒い地方にいる生き物として冬の御講凪にあわせたのですが。考えが甘かったです。
実は私は海豹が苦手なのでテレビなどに映っても目をそむけてしまいます。

御講凪はカルチャースクールのときに知った季語です。
冬になったら使いたいと今あちこちに投句しています。

たかこさんで「あしたネット句会」は2ヶ月連続の秀句を獲得なさっているではありませんか。
すごいことですよ!おくればせながらおめでとうございます!!!
by yattiy19480905 | 2015-12-16 17:44 | インターネット句会 | Comments(2)

インターネット句会、雑誌等の投句の結果を載せています。俳号はヤチ代orヤッチー。たまには映画も。


by ヤチ代