HAIKU LIFE MAGAZINE 100年俳句計画

HAIKU LIFE MAGAZINE 100年俳句計画
7月号(2017 No.236)

a0334287_19580607.jpg

100年投句計画入選句


☆雑詠俳句計画

先選者 阪西 敦子

地(5句)

夜濯にホテルの小さきソープかな
よすすぎにほてるのちさきそーぷかな
季語・夜濯(夏)

講評
旅の夜、その日着たものを宿で軽く洗えば、翌日までに乾いて、それを身に着けて出発する、そんなふうに続ける旅なのであろう。
異境にかいた一日の汗が静かに流れてゆく。
その安堵は常にも増して。




後選者 関 悦史

並選(46句)

初夏の荷にボブ・マーリーの切手かな
しょかのににぼぶまーりーのきってかな
季語。初夏(夏)




☆自由律俳句計画
 
選者 きむらけんじ
  
並選(31句)

約束を破って針千本の昼寝覚 
やくそくをやぶってはりせんぼんのひるねざめ
季語・昼寝覚(夏)



☆詰め俳句計画

出題・文 マイマイ

今月の問題・夏の季語
 
この坂の上に母校や(   )
(   )とはアポロンの惑ふ空

夏の季語 御来迎

自分の影が霧に投影され、その周囲に円虹を生じる現象のことで高山でみられる。
西洋ではブロッケンの妖怪などと不気味な名前がついているば、日本では仏の来迎になどらえてありがたがられる。
前句、シェルパの養成校?
後句、確かに太陽神ともみなされるアポロン側からこの現象をとらえるとそうなのかも。

5級

今月の正解
「蝉時雨」(初段)
級外から二段まで


[PR]
by yattiy19480905 | 2017-06-26 19:16 | 俳句雑誌 | Comments(0)

インターネット句会、雑誌等の投句の結果を載せています。俳号はヤチ代orヤッチー。たまには映画も。


by ヤチ代