カテゴリ:句集( 5 )

謹呈本

謹呈本

船団の会の会員宇都宮さとるさんから謹呈本が届きました。

謹呈本その六(2017年5月)
「句集 蝦蟇の襞 hiki no hida 宇都宮さとる」 SOU出版

a0334287_22575184.jpg








[PR]
by yattiy19480905 | 2017-05-03 23:00 | 句集 | Comments(0)

謹呈本

謹呈本

船団の会の会員陽山道子さんから謹呈本が届きました。
陽山さんはねんてんさんの奥様です。

その五(2017年4月)
「犬のいた日 俳句とエッセー 陽山道子」 創風社

a0334287_19422747.jpg

[PR]
by yattiy19480905 | 2017-04-12 19:50 | 句集 | Comments(0)

謹呈本

船団の会に2015年の12月に参加した。
船団の会の会員から次々に謹呈という本が送られてきている。

その一(2016年5月)
「坪内稔典自筆百句」 沖積舎
a0334287_17293798.jpg


その二(2016年9月)
「中江保江句集 青の先」 ふらんす堂
a0334287_17295693.jpg


その三(2017年2月)
「こちさ短篇集 創作*藏前幸子」 沖積舎
a0334287_17301515.jpg


その四(2017年2月)
「屋根にのぼる 俳句とエッセー 小西雅子」 創風社
a0334287_17303585.jpg



その一は代表者でもあるねんてんさんで訳も分からず嬉しさで感想文を送ってお礼をのべたがその二からはまだ何もしていない。
常識としてお礼のひとことを送らないとまずいと思いながら次々に来る謹呈本にとまどっている。






[PR]
by yattiy19480905 | 2017-02-18 17:32 | 句集 | Comments(2)

桂信子句集

桂信子句集 彩 AYA (ふらんす堂刊)より

a0334287_12221584.jpg


「桂信子句集」はふらんす堂主催の横浜句会にて岸本尚毅先生に特選をいただいたときのプレゼント句集です。
304句の中からお気に入りをアップしました。
私の今の気分によいと思う句を選びました。


剃りあとの青き夫なり夏木立

木の芽風海むらさきに明けにけり

裏町の泥かがやけりクリスマス

ゆるやかに着てひとと逢ふ蛍の夜

湯上りの身を載せ雪の夜の秤

薔薇挿せども空瓶になほ洋酒の香

睡蓮の一花のために水に寄る

大寒の爪むらさきに眠り落つ

花の咲く一日前のさくらの樹

緋色よりはじまる壁の新暦

黒猫の去り月光は机まで

暗幕の裏の緋色や入学式

鉄鉢や施米にまじるさくら蘂

枯芦へ落日は金放ちたる





 

[PR]
by yattiy19480905 | 2016-05-08 12:22 | 句集 | Comments(0)

句集

私のお気に入り俳句 その1 池田澄子

「池田澄子百句」(創風社出版)より

a0334287_23505098.jpg


冬の虹あなたをすきなひとが好き 池田澄子
ふゆのにじあなたをすきなひとがすき
季語・冬の虹(冬)


ふたまわり下の男と枇杷の種 池田澄子
ふたまわりしたのおとことびわのたね
季語・枇杷(夏)


屠蘇散や夫は他人なので好き 池田澄子
とそさんやおっとはたにんなのですき
季語・屠蘇散(新年)


まぼろしの鱶が書斎を出てゆかぬ 池田澄子
まぼろしのふかがしょさいをでてゆかぬ
季語・鱶(冬)


カメラ構えて彼は菫を踏んでいる 池田澄子
かめらかまえてかれはすみれをふんでいる
季語・菫(春)


相談の結果今日から夏布団 池田澄子
そうだんのけっかきょうからなつぶとん
季語・夏布団(夏)


蓋をして浅蜊あやめているところ 池田澄子
ふたをしてあさりあやめているところ
季語・浅蜊(春)






[PR]
by yattiy19480905 | 2016-02-10 00:00 | 句集 | Comments(0)

インターネット句会、雑誌等の投句の結果を載せています。俳号はヤチ代orヤッチー。たまには映画も。


by ヤチ代